石鹸シャンプーについて、特徴、長所や短所
ノンシリコンシャンプー、頭皮の毛穴の汚れをスッキリ、アミノ酸石鹸シャンプー
アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > ヘアケアについて > 石鹸シャンプーについて

石鹸シャンプーについて





 石鹸とは? 石鹸シャンプーとは? 


石鹸も界面活性剤の一種です!


  石鹸は界面活性剤ではないと思われている方が多いようですが・・・

石鹸は、動植物のあぶら(油脂、脂肪酸)を、
アルカリで反応させた界面活性剤の一種です。

天然の油脂に苛性ソーダを反応させて石けんとグリセリンを得る方法(けん化法)と、
油脂から脂肪酸をとり、苛性ソーダで中和して作る方法(中和法)があります。

弱い酸である油脂や脂肪酸を、強いアルカリである苛性ソーダで中和するので、
石鹸は、最終的にアルカリ性になります。

石鹸は、生分解性がよく、環境に良いとされる界面活性剤です。
石鹸は、アニオン界面活性剤に分類されます。

アルカリの種類によって、石鹸は2つに大きく分けられます。

 
@脂肪酸ナトリウム(ソーダ石鹸) 
   油脂(脂肪酸)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で反応させたモノ。
   固形石鹸や粉石鹸になる。

 
A脂肪酸カリウム(カリ石鹸) 
   油脂(脂肪酸)を水酸化カリウム(苛性カリ)で反応させたモノ。
   液体石鹸になる。

  石鹸とシャンプー



石鹸シャンプーって??
石鹸シャンプーは、これらの脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを使用しているシャンプー剤のことです。
安全志向の方や自然派志向の方に多く愛用されています。





 石鹸シャンプーの効果と特徴


石鹸シャンプーは、生分解性の高さと洗浄力の高さが特徴です! 


  石鹸は、生分解性が高いことと、洗浄力の高さが魅力的です。
そして、天然素材で作られいることや、古い歴史があるのも魅力的です。

現在では、ありとあらゆる商品に安全性が求められています。
このような観点から、石鹸シャンプーを選ぶ方が多く、安定した人気があります。

石鹸で頭を洗うと、スッキリすると感じる方が多いのは、
石鹸は、皮脂をとるということに関して高い洗浄力を示すからです。
  石鹸シャンプーの特徴


石鹸シャンプー

洗浄剤(界面活性剤)として、石鹸を考えると・・・


石鹸は、皮脂を取る力が強いので、一般的な洗濯等に使う場合には非常に適しています。
衣類の洗濯を考えると、皮脂汚れを落とすことは、最も大切なことの一つです。

しかし、石鹸を、頭を洗うシャンプー剤と考えると、やや洗浄力が強すぎます。
その理由は、石鹸だと洗浄力が高く、頭の皮脂をやや取りすぎる傾向にあるからです。





高級アルコール系
シャンプー
石鹸系
シャンプー
アミノ酸系
シャンプー
 
洗浄力

 
 洗浄力は高い。


 洗浄力は高い。

 やや弱い。
 
皮 脂


 皮脂を取りすぎる傾向にある。 


 皮脂を取りすぎる傾向にある。 


 皮脂を取りすぎない。



      シャンプーの選び方



石鹸の皮脂への洗浄力を考える

例えば、石鹸で顔を洗うと洗浄力が強すぎて、顔が突っ張ったとい体験をお持ちの方も多いと思います。
石鹸シャンプーをすると、頭皮でも同じことが起こっているのです。

石鹸は、皮脂を落とすには、最適な界面活性剤です!

ですから、髪や身体を石鹸で洗うと、皮脂が取れすぎてしまう傾向にあります。

事例として、洗濯で考えると・・・
衣類についた着用時の皮脂汚れを落とすのが得意なのは、合成洗剤より、むしろ石鹸なのです!


 余談ですが・・・ 
 石鹸は、しっかりとした油汚れは、苦手です。

 油汚れと言っても、実はいろんな種類があります。

 人間から分泌される皮脂と、オリーブオイル等のしっかりとした油分の強さが違います。

 石鹸は、皮脂のような弱い油には強いのですが、しっかりとした油には弱くなります。
 だから、台所で石鹸を使うと、一般的な台所の油汚れは、石鹸では取り切れません。

 ですから、石鹸の洗浄力は、
 洗顔やシャンプーにややきつすぎ、洗濯にはちょうどよく、台所の油汚れでは物足りないとなります。

 洗濯で石鹸を使うのは、洗浄性から考えると非常に理にかなったことだと思います。





 石鹸シャンプーのメリット


石鹸シャンプーの長所 


 
 1、生分解性が高く、環境にやさしい。

 2、洗浄力が高いので、しっかりシャンプーで洗いたい時には良い。

 3、洗い上がりがスッキリして、爽快感がある。

 4、歴史が長く(古くから)使われているので安心。

 5、天然原料。無添加。

石鹸シャンプーの長所

石鹸は非常に素晴らしいモノでありますが、頭皮に使うシャンプーとして考えると、
皮脂を取りすぎる傾向がありますので、どうしても点数が辛くなってしまいました。





 石鹸シャンプーのデメリット


石鹸シャンプーの短所 


 
 1、洗浄力が高すぎ、余分な脂分(皮脂)を取り去ってしまう。

 2、洗い上がりの髪の手触りが悪く、キシミやすい。

 3、洗浄力が高すぎるので、カラー(毛染め)の退色も早い。

 4、アルカリ性のため、肌に刺激がある。クエン酸等で中和しないといけない。

 5、泡立ちが、温泉などの硬水や頭皮の分泌物の状況で、悪くなる場合がある。

 6、人によっては、フケなどが多くでる。

 7、石鹸カスが残留しやすい。

 8、石鹸シャンプーに慣れるまで、3ヶ月〜半年かかる。



石鹸シャンプーの短所





 石鹸は、アルカリ性です。


弱酸性の洗浄剤が販売されているのは・・・ 


ここでは、髪を洗う石鹸シャンプーだけでなく、石鹸で身体を洗うことまで含めての話です。

最近、弱酸性の洗浄剤が人気です。
それは、
肌には、弱酸性〜中性の方がやさしいからです。

普通の方は、アルカリ性の石鹸で洗っても、肌は自然に弱酸性に戻る性質(アルカリ中和能)があるので、
身体を石鹸で洗ってもなにも問題はありません。

しかし、石鹸は、皮脂をしっかり落としてしまう性質があります。

特に、乾性肌アトピー性皮膚炎の方など、皮脂の分泌の少ない方は、
皮脂を落とし過ぎることや、弱酸性に戻るのに時間がかかるので、
アルカリ性のものは避けた方がベターでしょう。 

ちなみに、女性の方の洗顔用の石鹸は、
通常の石鹸ではキツイので肌にやさしくする工夫がされています。

同じように、肌がデリケートな方は、石鹸で頭や体を洗うのではなく、
もう少しやさしいモノを選んだ方がいいでしょう。


頭を洗うシャンプーの場合は・・・

アルカリ性で髪がきしみやすいという問題もあります。
また、頭皮は皮脂が多い所ですので、石鹸シャンプーで洗うと取れすぎてしまう傾向があります。
石鹸シャンプー後は、クエン酸等で中和する必要があります。





 石鹸シャンプーは、取扱いが案外が難しい・・・


石鹸シャンプーは、慣れるまで3ヶ月はかかるとされています。 


安心できるシャンプーを求めて、石鹸シャンプーに切り替える方が多いですが・・・
実際に、石鹸シャンプーを使ってみて、石鹸シャンプーの使用感の悪さ驚く方が大部分。

石鹸シャンプーは、シリコンなどのコーティング剤を使っていないことや、
アルカリ性であること等から、髪がキシんだり、パサついたりします。

また、洗髪後、弱アルカリ性になった髪の毛の表面を中和するために、
クエン酸やお酢を使用したリンスをする必要があるため、少し面倒なのも難点な所です。

これらのことから、石鹸シャンプーは、慣れるまで約3ヶ月はかかるとされ・・・
非常に取扱いにくいシャンプー剤だと言えるでしょう。





 どうして石鹸シャンプーは安全と言われるのでしょうか?


生分解性が高く、天然原料、古い伝統がある・・・


  生分解性が高く、動植物などの天然原料から作られています。
石鹸は、古い歴史をもち、人間が長く使ってきた界面活性剤でもあります。

かつて環境や皮膚刺激をあまり考えられていない時代の合成洗剤や合成シャンプーには、
課題のあるものが多くありました。

その時、
合成洗剤(シャンプー)=悪石鹸=良という極端な意見が生まれたようです。

しかし、現在は、合成洗剤も合成シャンプーも改良され・・・
かつてのような合成=悪、石鹸=良という単純な方程式にならなくなっています。





 どうして石鹸シャンプーは、使用感が悪いと言われるのでしょうか?


髪がキシキシ、ゴアゴアになったり、パサパサになる場合もあります。


  石鹸シャンプーは、シリコンなどのコーティング剤を使っていないので、
どうしても髪がキシんでしまいます。

また、アルカリ性であること等から、
さらに髪がキシんだり、パサついたりします。

石鹸シャンプーの使い方にコツが必要なこと、
慣れるまで3ヶ月以上もかかること。

 石鹸シャンプーが使用感が悪いと言われる理由

  @ シリコンなどのコーティング剤を使っていないこと。
  A アルカリ性であること
  B 使い方にコツと、慣れるまでに時間がかかること

   石鹸シャンプーで、髪がキシキシに・・・ イメージ





 石鹸シャンプーと抜け毛の関係


石鹸シャンプーは、頭皮ケアにいいでしょうか? 


頭皮や抜け毛のことを考えて、石鹸シャンプーを選ばれる方もたくさんいます。

実際には、石鹸シャンプーは、賛否両論があることをご存知ですか?

石鹸シャンプーと抜け毛に関することを下記のリンク先にまとめました。

    石鹸シャンプーと抜け毛

 










アスパイラル・ありがとうシャンプーについて




石鹸シャンプーの欠点を改善した新しいタイプの石鹸シャンプー

きしまない使用感のよいアミノ酸石鹸シャンプー 


使用感の良く、皮脂をとりすぎずに、きしまない石鹸シャンプーを作ろうとして・・・
いろいろと研究をしました!

その答えは・・・

石鹸シャンプーと、アミノ酸シャンプーの良い所組み合わせることでした!

石鹸のアルカリ性も、先にクエン酸を入れることで中性にしています。
石鹸シャンプーの欠点を改善したアミノ酸石鹸シャンプー

     石鹸シャンプーの欠点を改善したアミノ酸石鹸シャンプー
     ありがとうシャンプーについて
     ありがとうシャンプーを使われた方の声
 




アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの良い所を組み合わせた アスパイラル・ありがとうシャンプー
ノンシリコン・トリートメント 髪と頭皮の美容液 アスパイラル・ありがとうトリートメント




アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > ヘアケアについて > 石鹸シャンプーについて

 
 
Copyright (C) 2006-2012 アスパイラル, All rights reserved.