ノンシリコンシャンプー、頭皮の毛穴の汚れをスッキリ、アミノ酸石鹸シャンプー
  使用感・こだわり
  使い方
  お客様の声
  髪と頭皮
  くせ毛・髪まとまる
  ペット・犬
  開発物語
  石鹸シャンプー
  成分について
  Q&A
    使用感・こだわり
   使い方
   お客様の声
   成分について
   背中ニキビ   
   Q&A   
 
アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > ヘアケアについて > シャンプー剤の選び方


シャンプー剤の選び方




 

 どのシャンプー剤を選ぶといいのでしょうか?


 

体質や髪質によって、シャンプーを変えた方がいいのでしょうか?

 
  世の中には、いろいろなシャンプーの種類がありますので、
どのシャンプーを選んでいいかは、悩んでしまうことが多いかと思います。

本当は、ご自身で使って「良かった」と感じれるシャンプーが一番いいのです。

メーカーの宣伝やインターネットの情報だけでなく、
ご自身が使われて感じられたことこそ、貴方にとっての真実です。

ただそうは言っても、「シャンプー選び」について、
ご参考になるように、代表的なシャンプー剤の特徴を今回はまとめました。
 




 シャンプーを選ぶ際は、まず中味を参考にしましょう。


シャンプーの中味で、だいたいのシャンプーの性能が分かります。

シャンプーを選ぶ際は、メーカーの宣伝の言葉だけでなく、
シャンプーの中味(成分)を見ていくことが大切だと言われます。

それは、シャンプーの中味を見ていくと、
だいたいそのシャンプーの性能が分かるからです。

シャンプー剤の中味の何を見ていくかというと、
洗浄基剤(界面活性剤)です。
この洗浄基剤は、シャンプーの主成分にあたります。

シャンプーの性能(使用感)は、厳密にはシャンプーの洗浄基剤だけで
決定されるモノではありませんが、一般的には、洗浄基剤で語られる場合が多いです。
シャンプー




 シャンプーの洗浄基剤は、どこを見ればいいのでしょうか?


シャンプーには、必ず全成分表示があるはずです。


シャンプーの中味(成分)は、全成分表示によって示されています。

そして、全成分表示は、
配合量の多い順に記載されます。

シャンプーに一番多く含まれるの成分は水ですので、水が一番上に表記されます。
ですから、2番目の成分が洗浄基剤となります。
 (2番目だけでなく、3〜4番目まで見る場合もあります)

ここでは、シャンプーを基本基剤から代表的な3種類に絞って、この3種類を比較することから、
皆様方のシャンプーの適性を考えてる上でのヒントになるように考えています。




 シャンプー剤には、大まかに3種類です。


代表的な3種類のシャンプーを比較してみましょう!

  市販されているシャンプー剤はたくさんの種類があり複雑なので、
代表的な3種類に絞って考えると、まずは分かりやすいかと思います。

 @ 高級アルコール系シャンプー
 A 石鹸シャンプー
 B アミノ酸シャンプー



 
@の高級アルコール系のシャンプーは、市販されている大部分のシャンプーです。
特に、大手メーカーが販売しているシャンプーはこのタイプです。

Aの石鹸シャンプーは、昔からある石鹸をベースとしたシャンプーで、
自然志向の方から絶大な信頼を寄せられています。

Bのアミノ酸シャンプーは、比較的新しく、肌にやさしい洗浄剤と注目されているシャンプーです。
美容室などのサロンや、頭皮ケアを考えるシャンプーに多いタイプです。

以下に、3種類のシャンプーの特徴を表にまとめてみましたので、ご参考にしてください。

 



高級アルコール系 石鹸系 アミノ酸系
 
洗浄基剤

 
 ラウレス硫酸Na
 ラウレス-2硫酸アンモニウム
 ラウレス硫酸TEA

 
 脂肪酸Na
 脂肪酸K
 石けん素地 

 ラウロイルメチルアラニンNa
 ココイルグルタミン酸Na
 
洗浄力

 
 洗浄力は高い。

 起泡力力(泡立ち)
 もすぐれている。


 洗浄力は高い。

 毛穴の汚れまで取れる。 
 やや弱い。
 
刺激性

 皮膚や髪に対する
 刺激が強い。
 
 基本的に強くないが、
 皮脂を取りすぎる傾向がある。 

 低刺激。

 シャンプーの回数を多くしても
 頭皮を傷める心配は少ない。


適 性

 
 シャンプーにこだわらない方
 
 肌の強い方


 自然志向な方で
   肌や頭皮が強い方

 肌の強い方

 しっかり洗いたい方

 
 肌のデリケートな方

 肌や髪が乾燥気味な方

 髪や頭皮をいたわりたい方

 


不適性

 

 肌の弱い方には不適正


 肌の弱い方には不適正

 髪が傷みやすい方には不適正


 頭皮をしっかり洗いたい方には
 不適正

 





 髪や頭皮、肌にやさしいのはアミノ酸系のシャンプー


何かシャンプーに不満がある場合は、アミノ酸系のシャンプーが無難ですが・・・

アミノ酸シャンプーは、高級アルコール系シャンプーや石鹸シャンプーより、
圧倒的に髪や肌にやさしく、シャンプー剤に不満を持った方から支持される場合多いです。

ですから髪や頭皮、肌のことで、シャンプーに何か不満がある場合は、
アミノ酸シャンプーを選ぶと良いケースが多いはずです。

一概にアミノ酸シャンプーと言っても、実際はいろいろありますし、
決してパーフェクトではありませんが・・・

   アミノ酸シャンプーについて
 




 もちろん、厳密には、これだけではありません!


もっとたくさんの種類の洗浄基剤がありますし、

最終的には、洗浄基剤だけでなく中味全体のバランスが大切です。

ここでは分かりやすくするために、
シャンプーに使われる代表的な3種類の洗浄基剤に絞って解説しました。

しかし、実際には3種類だけでなく、たくさんのシャンプーの洗浄基剤の種類があります。

   さまざまなシャンプーの種類(準備中)


一般的には、洗浄基剤だけで、シャンプーの性能が語られますが・・・

私どもは、シャンプーを作成している経験から、
シャンプーを構成している全成分のバランスこそ大切だと思っています。

なぜなら、ちょっとでも中味のブレンドのバランスを変えると・・・
全く別のシャンプーに仕上がり感になってしまうからです。

しかし、実際にシャンプーを作る経験を持つ方は、メーカーの開発の方しかいません。
だから、ここでは洗浄基剤で分ける方法で解説させていただきました。








アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの良い所を組み合わせた アスパイラル・ありがとうシャンプー
ノンシリコン・トリートメント 髪と頭皮の美容液 アスパイラル・ありがとうトリートメント





アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > ヘアケアについて > シャンプー剤の選び方

 
Copyright (C) 2006-2012 アスパイラル, All rights reserved.