ノンシリコンシャンプー、頭皮の毛穴の汚れをスッキリ、アミノ酸石鹸シャンプー
アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > スカルプケア(頭皮ケア) > スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)

スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)について



ヘアケアから
  スカルプケア(頭皮ケア)へ


最近、髪をきれいにすることだけを考えるヘアケアから
髪の土壌である頭皮から考えていこうとする
スカルプケア(頭皮ケア)に対する関心が大きくなっています。

また、抜け毛(脱毛)や薄毛、髪が細くなった等から、
スカルプケア(頭皮ケア)に興味を持たれる方も増えています。

   ヘアケアよりスカルプケア
  スカルプシャンプーで、頭皮が良い状態!
 


 スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)とは・・・


スカルプ(scalp)とは「人間の頭皮」という意味!


  今や髪に悩みを抱える人は国内で男女問わず1,000万人以上もいるとされており、
さらににその数は、年々増加しているのが現状です。

特にその中でも多い悩みが、抜け毛(脱毛)、薄毛で、
日本の成人男性薄毛率は25%を超え、成人男性の約4人に1人が薄毛の状態だとされています。

また、男性だけでなく、女性も抜け毛や薄毛に悩む方が年々増えてきています。

そこで、髪の毛の生えてくる土壌として頭皮が注目されるようになってきました。
髪の毛の土壌である頭皮をまず肥沃にすることこそ、髪の悩みの改善の第一歩だからです。

シャンプーは、本来髪を洗うためだけのものではなく、頭皮を洗うことも重要な目的です。
その頭皮のことを考えて作られたのが、スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)です。

   抜け毛(脱け毛)について
  抜け毛が気になる/スカルプシャンプー




 スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は、従来のシャンプーと何が違うのか?


従来のシャンプーは、髪の毛を美しくみせることに重点を置いています


従来のシャンプーは、髪の毛のキューティクルを保つとか、天使の輪ができるといったように、
髪の毛の見た目をいかにキレイにするかということをポイントにおいて設計されています。

シャンプーのTVのCMなどを思い出していただくと、このことが実感されると思います。

従来のシャンプーは、頭皮の状態をあまり意識していませんので、
洗浄力(脱脂力)が高く、皮脂をとりすぎてしまう傾向があります。

ですから、髪の毛の見た目をキレイにすることができる一方で、
皮脂を取りすぎることによって、後で皮脂を過剰分泌させてしまう傾向があります。

そして、場合によっては、頭皮を乾燥させやすくなり、肌荒れを引き起こす可能性もあります。



スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は、髪の毛だけでなく頭皮まで・・・


スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)の場合は、
髪の毛の見た目をキレイにすることだけでなく、頭皮をいかに健康な状態に保つことができるかに
ポイントを置いて設計されています。

抜毛(脱毛)や薄毛で悩んでいる方を見ていくと、
圧倒的に頭皮に問題のある人が多いことがハッキリしてきました。

皮脂の過剰な分泌による汚れや、頭皮自体が荒れてしまっていることなどが
抜毛(脱毛)や薄毛の大きな原因の一つとなっています。

そこで、頭皮の状態を考えたスカルプシャンプー(頭皮シャンプー)が必要となってきた訳です。


スカルプシャンプーで、毛穴の皮脂がきれいに!




 頭皮の皮脂について/スカルプシャンプーを考える前に・・・


皮脂は、抜け毛や薄毛の原因なのでしょうか? 

  抜け毛(脱け毛)や薄毛の原因が、「皮脂が過剰に分泌」「毛穴のつまり」と
思っている方が多いようです。

確かに、皮脂が頭皮に過剰に分泌されていると、毛穴が目詰まりを起こし、
髪の毛にとってよい状態ではありません。

しかし、だからと言って、皮脂は不要なモノではないのです。


皮脂は、髪の毛の成長にとって欠かせない大切なモノ!


皮脂は適量であれば、皮脂は頭皮にとってもむしろ重要な役割を果たすからです。

 皮脂は、汗と混じりスキンクリームのような保護膜の働きをします。
 その保護膜の存在によって、頭皮を外部の刺激から守ってくれているわけです。


ですから、皮脂が全くない、もしくは極端に少ない状態だと、かえって外部の刺激に無防備になります。
皮脂がないと頭皮の負担が重くなって、頭皮の肌荒れを起こし、抜け毛の原因となりうるのです。

皮脂は、おお過ぎても、過剰に取りすぎて少なすぎても、頭皮には良くなく、
適切な量があることが望ましいのです。



 

皮脂量が多すぎ 皮脂量が適量 皮脂量少ないすぎる
 
発毛にとって

 
 良くない環境


 良い環境

 良くない環境
 
頭皮の状態


 頭皮の呼吸ができない
 雑菌が多くなる
 フケが多くなる


 健やかな状態
 頭皮が柔らかい


 後に、皮脂を過剰分泌

 頭皮の乾燥





 スカルプシャンプーとは、結局、頭皮の皮脂を取りすぎないシャンプー


頭皮の皮脂を適切に保つことこそ、スカルプケア(頭皮ケア)の基本!


スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は、基本的に頭皮の皮脂を取りすぎないように考えられています。
つまり、頭皮の状態を考えた洗浄力がやさしいタイプのシャンプーとなります。

皮脂を取りすぎずに、適度な状況に保つことより、理想的な頭皮の状態を作る。
頭皮の状態が健康になり、結果として、髪の毛が生えてくるようになっているのです。




 適切なスカルプシャンプーを使い、頭皮の環境がいいと・・・


頭皮が皮膚呼吸でき、血行も良く、柔らかく、皮脂の保護膜がある!

スカルプシャンプーで、頭皮が健康! 頭皮と髪の本来あるべき状態を考えると・・・ 

頭皮がキチンと皮膚呼吸できて清潔であることが大切です。
そして、血行もよく、
頭皮がやわらかく柔軟性があります。

皮脂が保護膜として、頭皮の表面をカバーしています。

この時、髪の毛を作り出す毛母細胞にとって、とてもよい環境となります。

しかし、頭皮の状態が悪いと、髪の毛を作り出す毛母細胞に
血液からキチンと栄養が送られにくくなります。





 一般的なシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を取り過ぎて・・・


皮脂を取りすぎることが、頭皮の環境を悪くしている

  スカルプ(頭皮)の皮脂がシャンプーでとられた   一般的なシャンプーの多くは洗浄力が強すぎて、皮脂を取りすぎる傾向にあります。

皮脂をしっかりとることは、いいことのように感じますが・・・
脱脂力が強すぎることをすれば逆効果です。

時間の経過と共に皮脂が失われた分、補おうとして逆に過剰分泌され、
頭皮が皮脂でギトキトになります。

また、皮脂を取りすぎると、頭皮は赤くうっ血したようになります。
これが、頭皮の肌荒れの原因となります。





 頭皮の皮脂を取りすぎると、後のど過剰に分泌されます!


結局、皮脂でギトギトの悪循環に・・・

スカルプ(頭皮)が皮脂で覆われる   洗浄力(脱脂力)の強いシャンプーで皮脂を取りすぎると、
人間の体は失われたものを補おうとして、皮脂を過剰分泌させ、
結局、頭がギトギトの皮脂が過剰の状態に戻ってしまいます。

頭皮が皮脂等の油分が過剰な状態になると、皮膚呼吸ができなくなり、
髪の毛を作り出すも毛母細胞が酸欠状態になります。
そうすると、髪や頭皮が健やかに保てない状態になります。

また、皮脂等の油分が過剰な状態になりますと・・・ 
その油分が酸化したり、菌が繁殖して、これもまた髪の毛にとって好ましくありません。
 




 シリコンたっぷりシャンプーと、スカルプケア(頭皮ケア)の関係・・・


一般的には、シリコンが皮膚呼吸を妨げるといいますが・・・

コーティング剤(シリコン)は、皮膜を作ることにより、
髪の毛をツルツルにしたり、風合いをよくするものです。

一般的には、シリコンの被膜で皮膚呼吸を妨げるので、頭皮に良くないとされています。

しかし、理論的にはシリコン剤は、被膜の構造がメッシュ状であること、
髪の毛には皮膜を形成しますが、頭皮には皮膜を形成しにくいとなっています。

ですから、「シリコン=皮膚呼吸を妨げるのでダメ」とは言い切れません!

ただ頭皮にとってプラスに働く訳でもないし、
シリコン配合のシャンプーは、脱脂力が強く皮脂を取りすぎる傾向が多いので、
頭皮を気にされる方は、シリコン配合のシャンプーを避けた方が無難かもしれません。
  スカルプ(頭皮)がシリコンでコーティング




 頭皮の皮脂を適度に落とすことが大切


シャンプー剤の種類と皮脂を考えてみましょう!

  代表的なシャンプー剤の種類として、
@高級アルコール系シャンプー A石鹸シャンプー Bアミノ酸シャンプーの3種類があります。

この3つのシャンプー剤の洗浄力と皮脂の状態を表にまとめました。





高級アルコール系 石鹸系 アミノ酸系
 
洗浄力

 
 洗浄力は高い。


 洗浄力は高い。

 やや弱い。
 
皮 脂


 皮脂を取りすぎる傾向。 


 皮脂を取りすぎる傾向。 


 皮脂を取りすぎない。



      シャンプーの選び方
 




 スカルプシャンプーとして、アミノ酸シャンプーが注目される理由!


頭皮を意識したのシャンプーに圧倒的に多いアミノ酸シャンプー


スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)は、頭皮の皮脂を取りすぎないことを考えて作られているので、
アミノ酸シャンプーという種類である場合が圧倒的に多いです。

アミノ酸シャンプーのメリットとして考えられているのが、洗浄力がやさしく低刺激いう点です。
洗浄力がやさしい分、皮脂も、余分に洗い落さないようになっているのが特徴です。

ですから、頭皮を健康な状態を保ち、
なおかつ外部からの刺激を守ることができる適度な皮脂を残すことができるので、
発毛の環境が整いやすい傾向があります。

また髪の毛そのものがアミノ酸からできていますから、
アミノ酸系のシャンプーを使うことによって、
いたんだ髪の毛の修復も期待することができます。

頭皮や髪の毛にダメージを負っている人が抜け毛になりやすいですから、
アミノ酸シャンプーが注目されるのも当然かもしれません。

    アミノ酸シャンプーについて




 スカルプシャンプー(頭皮シャンプー)の使い方とは・・・


スカルプシャンプーは、頭皮にやさしいことを考慮にいれて!

  スカルプシャンプーは、頭皮の皮脂を取りすぎないように設計されています。
だから、洗浄力もその分、やさしくなっています。

せっかくスカルプシャンプーを使っても、頭をサッと洗うと・・・
落とすべき汚れが残ったままである場合があります。

   スカルプシャンプーの使い方(洗い方)について





 スカルプケア(頭皮ケア)の情報について


いろいろ参考となる情報を豆知識にしました!

  スカルプ(頭皮)/ヘアサイクル ますます注目を集めるスカルプケア(頭皮ケア)。

スカルプケアに関するいろいろな情報を集めました。

   スカルプケア(頭皮ケア)の豆知識について
 












アスパイラル・ありがとうシャンプーについて




自然派タイプのノンシリコン・スカルプシャンプー

宣伝なしでクチコミだけで10万本! 本当にいいから売れてます! 


使用感の良い自然派シャンプーを作ろうと思い・・・
石鹸シャンプーと、アミノ酸シャンプーの良い所組み合わせました!

すると・・・

頭皮にやさしく、皮脂はしっかり落ちるシャンプーになり、スカルプ(頭皮)を考えると、
最適な自然派のスカルプシャンプーに仕上がりました!

多くの方に喜ばれて、宣伝なしでクチコミだけで10万本!

肌にやさしいので、赤ちゃんの身体から、女性の洗顔もOK!
頭皮のことを考える方に、このやさしさが人気です!
スカルプシャンプーとしても最適なありがとうシャンプー

     頭皮の汚れをスッキリ、ノンシリコンの自然派スカルプ・シャンプー

     アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの良い所を組み合わせたありがとうシャンプー

低刺激なスカルプシャンプー





アミノ酸シャンプーと石鹸シャンプーの良い所を組み合わせた アスパイラル・ありがとうシャンプー
ノンシリコン・トリートメント 髪と頭皮の美容液 アスパイラル・ありがとうトリートメント
 
 
Copyright (C) 2006-2012 アスパイラル, All rights reserved.