ノンシリコンシャンプー、頭皮の毛穴の汚れをスッキリ、アミノ酸石鹸シャンプー
アスパイラル・トップ > 豆 知 識 > スカルプケア > スカルプケアに良くない習慣

スカルプケアによくない習慣


 



 抜け毛が気になるので、毎日シャンプーしない


毎日、頭皮の毛穴をシャンプーでキレイにすること!

  脱毛を気にし始めますと、シャンプーの回数を減らす方がいます。
これは、実は、間違いなのです!

円形脱毛症をのぞいて、髪は、抜ける2週間くらい前に、その毛根の命が尽きています。
つまり、脱毛した髪は既に2週間前に死んでいたのです。

ですから、頭皮に残っているだけで、
シャンプーの時に抜けてしまうだけなのです。

毎日、きちんと頭皮の毛穴をシャンプーでキレイにすることで、
今、生きている毛根を大事にすることが大切なのです。






 朝シャン派である


朝より夜にシャンプーをすることがお勧めです!


  頭皮を清潔に保つためには、シャンプーを夜に行うことが理想です。
整髪料がついたまま寝ることは、頭皮にとっても良くありません。

午後10時から午前2時の時間帯は、成長ホルモンが活性化するゴールデンタイム!
この時間に、頭皮をキレイにしておくことが理想です!

ですから、抜け毛が気になる方は、朝にシャンプーより、
夜のうちに丁寧にシャンプーをすることをお勧めします。

また、朝は、どうしても時間に追われてあわただしくなるため、
頭皮を洗うというより、髪の寝癖を直したり、スタイリングをしやすくなるという
髪のデザインを意識したシャンプーになりがちです。





 スカルプケアを考えていない洗浄力の高いシャンプーを使っている


アミノ酸系の頭皮にやさしいシャンプーを!

従来のシャンプーは、頭皮の状態をあまり意識していませんので、
洗浄力(脱脂力)が高く、皮脂をとりすぎてしまう傾向があります

アミノ酸系のシャンプーの場合は、
洗浄力がやさしく、皮脂を取りすぎることがないので、
頭皮を健康的な状態に保ちやすいシャンプーです。

抜毛(脱毛)や薄毛の大きな原因の一つは、
皮脂の過剰な分泌による汚れや、頭皮自体が荒れてしまっていることなどが
ハッキリしてきました。

そこで、頭皮の状態を考えたスカルプシャンプーとして、
アミノ酸系のシャンプーが注目を集めるようになりました。


   スカルプシャンプーについて







 シャンプーは手早く、1〜2分で済ませている。


頭皮をやさしくマッサージしながら洗うことが効果的です。

約10万本もある髪の根元や毛穴に付着した皮脂や汚れを、ササッと短時間で洗うことは不可能です。

また、短時間だと、指使いも乱雑になりがちになり、頭皮に余分な刺激を与える可能性もあります。

頭皮の血流をゆっくり促進するつもりで、リラックスしながら頭皮をやさしくマッサージしながら洗うと効果的です。

すすぎは、シャンプーをしっかりと洗い流すために、時間をかけて丁寧に行ってください。


   スカルプシャンプーの洗い方





 強めに、洗うのが好き


指の腹で、丁寧にやさしくシャンプーすることが理想

シャンプーをする時に、爽快感が欲しいと、強い力で洗ったり、
指の腹でなく、爪を立てて洗っている人がいます。

強い刺激は、かゆみの原因となり、知らず知らずの間に頭皮の表面に細かい傷ができ
細胞と細胞をつなぎとめている細胞間脂質を流失することにつながります。
そうすると、頭皮は常に乾燥し、かゆみやフケ、炎症を起こすことにつながる場合もあります。

シャンプーは、指の腹と頭皮を密着させて、ゆっくりと指を動かすことが理想です。
強くこする必要は、全くありません。
指の腹でやさしく、丁寧にシャンプーをしてください。


   スカルプシャンプーの洗い方





 ブラシを使って洗っている


頭皮を傷つけないように、十分、気をつけて

シャンプーにブラシを使うことも、知らず知らずのうちに頭皮に細かい傷をつけてしまいがちです。

最近は、先の丸いやわらかいシリコンでできた頭皮ブラシも出てきましたが、
直接、指の腹で洗うのとは違い、使い方によっては、細かい傷をつけてしまう場合があります。

ブラシで洗う場合は、やさしいタイプのものでも十分に気をつけて使ってください。
 





 熱いシャワーでないと物足りない


頭皮にやさしい温度でシャワーをする!

  これは、男性に多い傾向です。

熱いシャワーは、それだけで刺激がきついので、
熱すぎるシャワーは控え、できるだけぬるいお湯を使うことお勧めします。。

熱いシャワーは、頭皮の細胞間脂質を流失しやすくなりますから、
それだけで、頭皮が乾燥しがちになります。

また、熱いシャワーが好きな人は、シャンプーに爽快感を求め、
シャンプーの指使いも強い傾向にあるので、
温度だけでなく、指使いも気をつけましょう。






 香を残したいので、軽くすすいでいる


頭皮にヘアケア製品を残さないように、丁寧にすすぎましょう!

女性の多いのが、このタイプです。

シャンプーなどのヘアケア製品の素敵な香りも、シャンプータイムの一つの楽しみです。

しかし、すすぎが十分でないと、
シャンプーなどが頭皮に残留して、かゆみや炎症の原因となります。

頭皮に残さないように、しっかりと丁寧にすすぎましょう。
 





 ワックスやムースなど整髪料を毎日しようしている


整髪料も、頭皮のことを考えて・・・

  ワックスやムーズなどの整髪料に含まれる油脂は、
頭皮に付着したままにしておくと、毛穴に入ってしまいます。

すると、油脂が凝固して、毛穴をふさいでしまいます。
これは、髪の成長を妨げる原因となってしまいます。

対策としては、整髪料をつけ過ぎないこと。頭皮にできるだけつけないこと。
毎晩シャンプーをすること。休みの日には、整髪料をつけないなどの工夫があります。





 洗った後は、乾かさないで、そのまま寝てしまう


シャンプー後は、頭皮全体を乾かして、雑菌の繁殖しにくい環境を作りましょう!

  頭皮は、雑菌が繁殖しやすいところです。

睡眠中は、体温も高くなり、汗も出やすいので、
雑菌が繁殖しやすい環境となります。

ですから、シャンプーした後は、清潔なタオルをつかうこと。

そして、頭皮全体をしっかり乾かして、
雑菌の繁殖しにくい環境を作ることが大切です。
 





 あたまのかゆみを放置している、無意識のうちにかいている


かゆみは頭皮からのメッセージです

  頭にかゆみがある場合に、そのままにしていませんか?

もちろん、汗をかいたり、頭皮が汚れた場合は、誰もが多少はかゆくなりますが、
シャンプーをしてもすぐかゆくなる場合などは、一度、頭皮のチェックをした方がいいかもしれません。

特にまずいのは、無意識のうちに頭をかいてしまうこと。
かいてしまうと頭皮に傷をつけ、炎症や湿疹が悪化してしまう場合もあります。

   かゆみは頭皮からのメッセージ





 抜け毛が気になってしかたがない


過剰に心配することが、ストレスとなり逆効果・・・

  抜け毛が気になりだすと、過剰に心配される方もいます。

過剰に心配されると、それが返ってストレスとなって、
頭皮の状態にも悪影響を及ぼします。

ストレスが多いと、皮脂が過剰分泌されやすくなります。

適切なスカルプケア対策をされたたら、もう過剰に心配せず、
思い切って開き直るぐらいの心の余裕を心掛けたいものです。





 枕カバーやタオルを、適度に洗濯しない


清潔にするのは、頭皮や髪だけでなく・・・

  頭皮や髪を清潔にすることはもちろんですが、
枕カバーやタオルなどを、適度に洗濯していますか?

頭は、人体の中でもよく汗や皮脂を出す所です。
こまめに枕カバーを洗わないと、雑菌が繁殖してしまいます。

頭だけをキレイすることを考えず、
トータル的に清潔にする工夫をしてください。





 スカルプケア(頭皮ケア)の情報について


いろいろ参考となる情報を豆知識にしました!

  スカルプ(頭皮)/ヘアサイクル ますます注目を集めるスカルプケア(頭皮ケア)。

スカルプケアに関するいろいろな情報を集めました。

   スカルプケア(頭皮ケア)の豆知識について
 




     抜け毛について




 
Copyright (C) 2006-2012 アスパイラル, All rights reserved.