ASPIRAL
自然派シャンプーとプロの洗い

ドライクリーニングについて

クリーニング店の技術をご家庭でも!

洗濯のプロのクリーニング屋さん!
いったいどんな洗濯やクリーニングをしているのか?

その中でも、ご家庭でもできるプロの技をズバリ公開します!

ご家庭では、ドライクリーニングはできません!

勘違いされている方もいらっしゃいますが、ご家庭ではドライクリーニングはできません。

ご家庭でもドライマークの洗濯表示がついたセーターなどは洗えますが、それは、ドライマークの服が洗えるというだけで、ドライクリーニングができるということではありません。ドライクリーニングとは水を使わず、石油のような有機溶剤で洗う方法です。

しかし、ご家庭でドライクリーニングができないと言っても、それが、どういう洗濯方法なのか知っておくと・・・

家庭洗濯機のドライマークコースがなぜ、あまり動かないのか?
なぜ、専用のネット等に服をいれて洗うのか?

などが、よく分ると思います。

ドライクリーニングの予備知識があれば、ワンランク上の洗濯ができます。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは、有機溶剤で洗う洗濯方法です。水で洗う方法とは違い、基本的に型崩れや縮み等は発生しません。また、色の問題(色泣き、移染)も、水で洗うより少ないです。

クリーニング会社では、おしゃれ着(ドライマークの服)は、基本的にはドライクリーニングします。

ドライクリーニングとは・・・
有機溶剤を使ったクリーニング方法で、専用の機械がないとできませんので、ご家庭ではできません。

有機溶剤とは・・・
聞きなれないかもしれませんが、皆さんがイメージしやすいモノに例えると、石油や灯油、ガソリンなどが有機溶剤です。油の仲間です。

日本では、ちなみに石油系のドライクリーニングが一番普及しています。服についている取り扱い絵表示には、かつてはドライ・セキユ系なんて、マークもありました。

ちなみに、石油系のドライクリーニングは、服に対してデリケートなクリーニング方法です。

なぜ、ドライクリーニングをするのか?

どうして、ドライクリーニングだと、型崩れや縮みが起きないな洗濯ができるのかというと、水を使わず、有機溶剤で洗うからです。

例えば、家庭の洗濯でポケットにティッシュをうっかり入れたまま洗うと、ティッシュはボロボロになります。ところがドライクリーニングで同じ事をしてしまっても、ティッシュはキレイな状態のままです。

つまりドライクリーニングは服を、型崩れや縮ませたりしない洗い方なのです。

だから、クリーニング工場でドライクリーニングされた服は、ほとんどシワなどなく、そのままの形で洗いあがってきます。

ちなみに、ドライクリーニングは、今から150年ほど前にフランスで服を型崩れさせず、縮まない洗い方として発見されました。

水で洗うと水の影響で繊維が膨潤し、服はどうしても型崩れを起こしてしまいます。そして、その状態で、揉んだり、回したりすると、縮んでしまいます!

だからこそ、オシャレ着を洗う時は、水の影響を最小限にしたいのです。

ドライクリーニングの長所

ドライクリーニングは、服の型崩れ、縮みを引き起こしません。

有機溶剤を使うので、油汚れが得意です!

シワや型崩れを起こさないので、仕上げがほとんど不要でアイロンが楽!

ドライクリーニングの短所

ドライクリーニングは、専用の設備が必要で、家庭では出来ないクリーニング方法。

有機溶剤を使うので、水溶性の汚れが不得意!
(汗などの水溶性の汚れは、ドライクリーニングは苦手です)

ドライ溶剤管理により、品質さが大きくでる。
(だから、いいクリーニング店を選ばないとダメ!)

クリーニング店で、水洗いする所が増えてきたのは・・・

極一部の例外を除き、クリーニング店では、ドライマークの服は、基本的にドライクリーニングされていました。

ドライクリーニングは、衣類の型崩れや縮みを起こしませんので、仕上げも楽だし、トラブルも起きにくいのです。

しかし、例えば夏に着用した背広の汗は、ドラクリーニングではほとんど取れないので、こだわりのあるクリーニング店が、水洗いに挑戦しだしました。

特にレーヨンという素材は、一般的には水洗いできない素材となっています。夏に着用することが多いレーヨンの服を水洗いできないと、それは適切なクリーニングだとは言えません。

私は、いち早くレーヨンの水洗いに挑戦しましたので、その後、全国のクリーニング店にレーヨンの水洗いを技術を教えることになりました。

ドライマークの服を水洗いする場合は・・・

繰り返しになりますが、自宅では、ドライクリーニングはできません!

ですから家庭では、有機溶剤を使うドライクリーニングができるのではなく、ドライマークの服も洗えるだけです。

スーパーなどに売っているドライマーク衣料専用洗剤(おしゃれ着洗剤)は、ドライマークの服を水洗いをしても、型崩れをしたり、縮んだりすることが、ある程度抑えられるように工夫して作られたものです。

しかし、ある程度ですから、型崩れや縮みがあるのが現状です。

だから、ドライマークの服を水洗いする場合は、服に対する水の影響を最小限にすることを考えることが大切です。

例えば、ご家庭でドライマークの服を洗う場合は、水で膨潤した繊維が動かないように、洗濯機の動きを弱めたり、ネットで動かなく固定したりするのはそのためです。

ドライマーク衣料の代表のウール(毛)を例にとった説明は・・・

 

衣類が濡れている時の注意点

一番してはいけないことは、水にぬれた状態で、洗濯機で回すようなこと。