ASPIRAL
自然派シャンプーとプロの洗い

おしゃれ着洗いのポイント

クリーニング店の技術をご家庭でも!

洗濯のプロのクリーニング屋さん!
いったいどんな洗濯やクリーニングをしているのか?

その中でも、ご家庭でもできるプロの技をズバリ公開します!

家では、ドライクリーニングができないから・・・

ドライクリーニングは、有機溶剤で洗う洗浄方法。服を型崩れさせたり、縮めたりしないので、ある意味、おしゃれ着(ドライマーク衣料)には理想の洗い方なのです。

でも、ご家庭ではドライクリーニングができないので、ドライマークの服やおしゃれ着を水洗いすることになりますので、いくつか注意点があります。

それは、おしゃれ着やドライマークの服は、綿やポリエステルの普段着のように、洗濯機でグルグルと通常に洗えないからです。

おしゃれ着洗いを、ご家庭でするポイントは・・・

ご家庭での洗濯方法は、“水洗い”となってしまいます。水洗いすると、服はどうしても型崩れや縮みを起こしてしまいます。

おしゃれ着洗いのコツは、服に対する水の影響(型崩れ、縮み)を最小限にすること!

水洗いをすれば、服の型崩れや縮みをなくすことはできませんが、それを最小限にすることはできます。それがコツなのです。

おしゃれ着洗いのポイントは・・・

① 家で水洗いできない服を知る

家で水洗いしない方がいい服

② 服を守る専用の洗剤を使う!

おしゃれ着洗剤について

③ 服が水ぬれた状態で、もんだり、こすったりしないようにする

衣類が濡れている場合は…

④ レーヨンなど特別縮みやすい服は、洗う時間まで気をつける

レーヨンの洗い方、洗濯方法

⑤ 干し方、乾かし方で服のシルエットが決まる!

おしゃれ着の干し方

上記のポイントを踏まえれば、ご家庭でも、プロのクリーニング店と同じレベルのおしゃれ着洗いができます!

①で「家で洗えない」と書いてますが、おそらくほとんどの服が洗えると思います。洗えない服の方が少ないはずです。

③と④が大切

③がウールの洗い方のポイントで、大部分のおしゃれ着洗いの基本です。そして、④では、レーヨン素材の洗い方のポイント。この二つの洗い方が、とても重要です。

二つの洗い(③と④)が、問題なくできるように、①、②、⑤のポイントがあります。

デリケートな服は、手洗いがおすすめ

おしゃれ着洗いのコツは、水洗いでの型崩れ、縮みを最小限にすることでした。

それらを最小限にするには、丁寧に手洗いすることがおすすめです。

洗濯機のドライマークコース(ウールコース)なども、服にやさしく洗えるよう設計されていますが、丁寧に手洗いするようにはいきません。

クリーニング店は、おしゃれ着洗いのポイントをキチンとしているだけ!

洗濯のプロのクリーニング店は、おしゃれ着洗いのポイントを徹底的に守ることにより、どんな服でも、必要に応じて水洗いする事ができます。

また、ちょっとしたウール製品などは、業務用洗濯機で水洗いすることもありますが、デリケートな服は、クリーニング店でも一点ずつ手洗いしています。

ご家庭でもこれだけのことを守れば、クリーニング店と同じレベルの洗濯ができるようになります。

ちなみに、 汚れの種類にもよるのですが、一般に着用でつく汚れは、ドライクリーニングより、ウェットクリーニング(水洗い)の方が良く取れる傾向があります。

なので、クリーニング店でも、水洗いがとても重要視されています。

 

家で水洗いしない方がいい服