ASPIRAL
自然派シャンプーとプロの洗い
aspiral blog

スローな洗濯

衣替えも後半にさしかかってますが、このタイミングだと家で洗濯する人も多いでしょうから、ちょっと投稿します。

洗濯のことを、めんどうなこと、できればやりたくないこと、と考える人は多いのではないでしょうか?

洗いの専門家であるぼくも、実はそうで、洗濯するより好きな本を読みながらゆったりとcoffeeを飲んでいる方が好きです。

ただ、いったん、洗面所に行って、袖をたくしあげ、服と向き合うと・・・ とても楽しい時間に早変わり。もちろん、服だけでなく、お皿やコップの時もあるけどね。

 

ぼくは、ていねいに、ひとつひとつを感じながら洗うのが好き。

「じゃ、これから、きれいにするね」と、彼らに伝えて、彼らを感じます。彼らは、いわゆるモノなんですが、丁寧に扱うと、本当に喜ぶのです。だから、人のように「彼ら」って表現する方が、ぼくにはしっくりきます。

服が喜ぶって言うと笑われるかもしれませんが、花が好きな人は、花が喜んでいるのを感じるでしょ。バイクが本当に好きな人は、バイクが喜んでる感覚をきっと持っていると思うのです。それと一緒。

服を洗う時、ほとんど思考はありません。だって、考えてる余裕がないんだもの・・・ ただただ、服を感じて洗っています。とても静かで、豊かな時間。

そうして洗っていると、ぼくの内側から、どんどん喜びがあふれてきます

すると、服も、すごく喜んでいるのを感じます。服と一緒に、ひとつの歌をうたっている感じ・・・

「服と対話する」とか言ったり、「洗うことは瞑想だよ」って、ぼくが言ってるのは、こういうこと。

キレイになった服は、とってもご機嫌!

ちょっと大げさに書くと、洗ってる時は、ぼくが服に愛を注いでるのだけど・・・ その服を着る時は、服がぼくに愛を注いでくれてる感じ・・・ ねぇ、ぼくを守ってくれ、心地よくしてくれて、ありがとう! また、きれいにするね! ぼくの大切な友達。

ぼくの洗濯って、こんな感じ。マインドフルネスの洗濯です。

で、こんなことを、洗濯のプロのクリーニング店に教えています。

 

ていねいな暮らし、スローな洗濯・・・

マインドフルな洗濯って言った方がいいのかな???

こういうことって、別に洗濯でなくても何でもいいと思います。日常生活のあらゆることでできます。ぼくは、大好きなcoffeeやお茶を淹れる時も、こうしてます。

山崎 勝